安心して使い続けられる、先進の電子カルテ

国のガイドラインと、グローバル標準規格を、
先進の IT で融合した、初の精神科向けクラウド電子カルテ

INDIGO NOTEの特長
FEATURES

安心して使い続けられる

精神科病院監修・設計による
理想の電子カルテ

  • 精神科病院に必要な機能を網羅
  • ワンストップでのサポートサービス
  • 既存の医事会計システムとの接続にも対応 ※

※ 別途ご相談

カルテ作成の負担軽減。
診断情報を補助する入力支援。

国のガイドラインと
グローバル標準規格の融合

  • 厚労省等のガイドラインに準拠したクラウドを採用
  • グローバル標準データ規格 HL7 FHIR を採用
  • 今後の遠隔診療や地域医療連携を見据えた、拡張性の高いシステム設計
利用するほど文例が増える、
成長型マスタ。

時代の先進であり続ける

クラウドで、
ずっと安心、もっと安全

  • 院内にサーバを設置・管理する必要なし
  • 紙カルテ不要で、災害でもデータ消失の心配なし
  • 医療制度改正や不具合は、迅速にアップデート
クラウドで、ずっと安心、もっと安全

ブラウザで、
いつでも、どこでも

  • ウェブブラウザさえあれば、院外からでも使用可能
  • スマホでも PC でも使いやすく
  • すぐそばにある、現代の電子カルテ
ブラウザで、いつでも、どこでも

医療の価値を高め続ける

現場を熟知して IT でつなげる

  • 精神科に寄り添った機能を標準装備
  • 「いま必要な情報」で、チームワークを後押しする
  • 診療・看護の、本質的なクオリティを上げる
日々のデータを最大限に活かす、
入力データ二次活用。

カルテの精度を IT で高める

  • 主訴(S) → 所見(O) → 診断(A) → 指示(P) の各ステップで、状況に応じた最適な候補を表示
  • 所見や病名への否定表明も、データとして蓄積
  • カルテの精度を高めることで、書類作成の省力化、データ分析・二次利用の可能性を開く

カルテの精度を IT で高める
お問い合わせ
chevron_right